FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2018年04月20日 (金) | 編集 |
回別第261回
抽選日2018年4月20日
本数字04 14 15 17 21 23 26
ボーナス数字(07) (08)

1等0口 該当なし 
2等7口 701万3,900円 
3等56口 122万7,400円 
4等3,805口 1万0,500円 
5等6万3,451口 1,500円 
6等12万9,577口 900円 

販売実績額14億8787万2,500円 
=495万9,575口×300円 
キャリーオーバー1週累積 2億9996万2,625円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット F
抽選順序172623151421040807
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 04 23
(本数字→ボーナス1個 08
ボーナスから0
回から1個 15
(ボーナス→本数字1個 04
ット前回から1個 26(第250回・セットF
(ボーナス→本数字1個 23

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間2・同1
その他の特徴連間複合、30台無し
予想しやすさ★★★☆☆ 所々で規格外

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第261回ロト7は、1等が出ず、
3億円がキャリーオーバー!

注目度が下がり気味で、また1等の配当分は3億円を割り込み。
とはいえ、わずか4万円ほどのギリギリで届かず。
第259回のときよりも、若干回復したのは良かった。

次回は、キャリーオーバーが途切れるにしても、
6億円級の高額当選を期待したいところですし、
さらに伸びて、次々回に最高額10億円も望まれます。



第252回以降の集計で見ると、15 23が絶好調。
直近10回中5回当選の出現率50%で同率首位!

残りの5個は、1〜2回出現で中盤の大所帯から。
23と同じく2回続けて当選の04も好調。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
絶好調の23が、2回続けて当選。
その前は「29」が2回続けて登場で、このコンビが好調。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、また完全沈黙。
3個とも第252回以降では、まだ各1回の登場だけ。
削除候補として有効な立ち位置になっています。



4回続けて「各十台あり」から「30台無し」となりました。
第252回以降は「各十台あり」が10回中6回と優勢で、
「30台無し」は2回目という絶妙な二番手に。



要素を確認。
続数字1組、空き数字2組、下一桁数字1組」
連間複合、30台無し

続と空きがくっついた「連間複合」で、
標準より少し濃いめで、若干のかたより。

第253回が、連1間2・同1・連間複合、30台無しで、
完全一致な上に、15 17空きが出ていたのも共通。
これはこれで、ひとつの類型なんでしょうか。


下一桁は、2回続けて標準の数字1組。
多めが続いていたのに、一転して2回続けて標準。
もっと標準が増える方が歓迎できると思います。



繰り越し関連は、前回り越しが、2個と多め。
しかも、前回本数字からボーナス数字1個が厄介。
標準で安定せず、波乱含みで対応しづらい。

ボーナス繰り越しは、0個と標準的。
前回が2個と大荒れだったので、ホッと一息。

回繰り越しも、1個と標準的。
好調の15が繰り越しで、さすがに頻度が高い。

ットから繰り越しも、1個と標準的。
使用されたセットFで、26は単独2位の強数字。

今回は全般的に標準だったのに、前回り越しだけ多め。



今回の使用球は、そのセットF
3番目に長く使用されていなかったセット球。

1番目→超フェイントの8番目からの戻りだったので、
寄り道で3番目は想定範囲内で、諸条件も良く、
割と妥当な選択と言える結果でした。



球の色は、2個が「赤」の1色のみ。
かたよりとしては、少ない部類。
前回に続き、2個×1色は少な過ぎて珍しいかも。
まんべんない出現傾向の最近ならではなのか。

「黄色」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ261111824253033361228

第261回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間0・同0 00台無し 配色:セットA

「00台無し」と数字が寄っている割には、
超薄めの連1間0・同0なのが、ちょっと不思議。
00台はボーナスにも出ない完全沈黙。

初期トップ4からは「30」が本数字で、
「28」が2回続けてボーナス数字に。
初期ワースト3からは「18 25」と複数が登場。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック