楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2018年06月01日 (金) | 編集 |
回別第267回
抽選日2018年6月1日
本数字08 13 18 20 23 25 26
ボーナス数字(06) (28)

1等0口 該当なし 
2等10口 659万1,600円 
3等82口 112万5,300円 
4等4,991口 1万0,800円 
5等8万4,759口 1,500円 
6等15万4,705口 1,000円 

販売実績額19億9756万4,100円 
=665万8,547口×300円 
キャリーオーバー2週累積 7億1896万6,520円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット D
抽選順序082320131825262806
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 20
(本数字→ボーナス1個 06
ボーナスから0
回から1個 13
ット前回から0個 (第263回・セットD
(ボーナス→ボーナス1個 06

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間2・同2
その他の特徴連間複合、30台無し、20台4つ
予想しやすさ★★★★☆ 濃いめ&かたより

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第267回ロト7は、1等が出ず、
72千万円がキャリーオーバー!!

億万長者が誕生せず残念でした。
それでも、次回に最高額10億円チャンスなので、
そんなに悪い結果ではないかなと思います。

そして、想定よりも1億円ほど多く累積しました。
1等への配分が増加したので、ブレが大きくなっています。



第252回以降の集計で見ると、単独2位だった23が当選。
4回休止の後、やっと復活して首位との差を詰めました。

残り6個は、1〜3回出現のボリュームゾーンから当選。
的を絞るには、あまりに漠然とした出現傾向でした。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
23が本数字、28がボーナスに当選。
上位で2位と強力な23は納得なんですが、
28は第252回以降でボーナス当選のみと弱い。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、
10回続けて本数字当選無しだったのに、
唐突に本数字に18 25の複数が当選。
両方とも10週以上の長期休眠を続けていて、
削除候補として機能していただけに裏目。



「各十台あり」優勢→2回続けて「いずれかの十台無し」→
前回「各十台あり」→今回「30台無し」に。
しかも「20台4つ」で、かたよった各十台分布。

「各十台あり」が強いとはいえ、あまり安定せず。



要素を確認。
続数字1組、空き数字2組、下一桁数字2組」
連間複合、30台無し、20台4つ

平均値連1間1・同1のやや濃いめで、類型と言えば類型。
続と空きが繋がった「連間複合」も、最近の傾向に合致。

前回の「掴みどころがない薄め」パターンより、
予想が組み立てやすいという点では有利。


下一桁は、標準多めの同2組。
最近は多めから少なめまで荒れていたので、
前回の同1組に続き、標準的で許容範囲。



繰り越し関連は、前回り越しが、1個と標準的。
ボーナス繰り越しも、0個と標準的。
「いわゆる標準」の形に落ち着いて、一安心でした。
前回も三繰ながら数値は同じだったので、
標準で安定してきて、対応しやすくなったでしょうか。

一方で、前回本数字からボーナスに06登場。
本数字とボーナス間の入れ替え復活で、少し不穏。

回繰り越しも、1個と標準的。
こちらは10台好調の余波という感じの13

ットから繰り越しは、0個と少なめ。
使用されたセットDは、まんべんない出現傾向ゆえか。



今回の使用球は、そのセットD
7番目に長く使用されていなかったセット球。

第264回の6番目、前回の4番目に連なるフェイント。
7番目は第267回にして、わずか3回目と超レア。
前回使用から4週後で、事前の想定は不可能なレベル。

最近は、超フェイントのセット球選定が増加。
1等の発生率が異様に高くなったことへの運営側の対策か。

ちょっと、対応がしづらくて厄介な状況。
なんですが、現実的にはキャリーオーバーが増え、
高額当選のチャンスが増えているのも事実。



球の色は、2個が「紫」と「黄色」の2色。
かたよりとしては、標準的な範囲。

「ベージュ」が2回続けてボーナスのみの登場で、
「紺」が2回続けてボーナスにも出ない完全沈黙!
別々のセット球の接続なのに、変に符合していて不思議。



★その他の情報

リハ267071014182025331330

第267回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連0間1・同1 各十台あり 配色:セットA

今回は、こちらが「掴みどころがない薄め」パターン。
本抽選に出ていたら、同じく苦戦していたかも。

初期トップ4からは、ボーナスに「30」のみ。
初期ワースト3からは、本数字に「18 25」で、
なぜか本抽選と一致しているのがスゴい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック