FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2013年09月26日 (木) | 編集 |
一部、【取扱注意!】

この攻略は、二週連続で繰り越している数字にスポットを当て、
週連続でり越すと想定して、数字を大幅に絞り込みます。
なので、狙いが的中すると超有利!
しかし、り越し自体、大体2ヵ月に1回出るぐらいの狭い道。
メリットとデメリットを把握した上でご利用ください。


今回のり越し候補は、16!

ここ最近は、前回り越し・り越しが濫発気味。
第22回は繰3、第23回は繰2三繰1、第24回は三繰2

ようやく前回第25回で基本の繰1に復帰。
これは、第21回以来で約1ヶ月ぶり。
このまま落ち着いて欲しいんですが、
その前も第19回は繰2、第20回は繰2三繰1と多め。

〜第18回は平均繰1、第19回〜は平均繰2と、
かなり勢いが変わったので、その辺りの見極めも重要。

ですが、今回はシンプルに三繰候補1個予想。
基本を押さえて着実に上位を狙います。



もっと絞り込むため「37」も削除。

平均値の連1間1・同1に加え、要素フリーでも予想。
合計20通りの三繰予想をどうぞ。
 ↓

ピンク文字=2週連続で登場中の数字、
前回当選番号の本数字=紫文字、ボーナス数字=緑文字
下線=出現数同率首位「23」「28」と、同率3位の「02」「21」


まずは恒例のロト7天国オリジナル予想法から、
基本の1空き1・下一桁同1三繰1

前回当選数字からり越し候補以外の残り6個、
ボーナス数字2個の合計8個が出ない!と想定
東京抽選未当選の「37」も削除

●出ないと予想した数字9個
01、06、10、11、17、18、212437



★おすすめ度4:そこそこ狙えるかも
連1間1・同1繰1★おすすめ度5
■約1029万分の1→約2万9,601分の1ぐらい?
(27×26×25×24×23×22)÷(6×5×4×3×2×1)
=213,127,200÷720
=296,010通り→そのうちの10%が連1間1・同1と概算

〈三繰468〉 03 13 14 16 19 28 31 (連間複合、10台4つ)
〈三繰469〉 05 16 23 25 30 31 34
〈三繰470〉 07 09 15 16 20 23 29 (30台無し)
〈三繰471〉 04 05 09 16 26 28 33
〈三繰472〉 02 12 16 27 29 30 35 (連間複合)



連1間1・同1の制限を無くして要素フリーで!

★おすすめ度4:同様のおすすめ具合
■約1029万分の1→約26万6,409分の1ぐらい?
(296,010通り−29,601通り)

〈三繰473〉 03 12 13 16 19 26 35 連1間0・同2(10台4つ)
〈三繰474〉 02 04 07 16 28 29 30 連0三連1間1・同1
〈三繰475〉 08 15 16 22 29 32 33 連2間0・同1
〈三繰476〉 05 07 12 14 16 31 33 連0間4・同0(間2三間1、下一桁七連20台無し)
〈三繰477〉 04 09 14 16 19 26 34 連0間1・同2三同1



ここから真三繰攻略!
さらに、前々回当選数字からり越し候補以外の残り6個、
ボーナス数字2個の合計8個が出ない!と想定
でも「10」が削除済なので7個

●追加削除7個
02、04、05、08、19、29、33



★おすすめ度3:狙いが的中すれば期待大
■約2万9,601分の1→約3,876分の1ぐらい?
(20×19×18×17×16×15)÷(6×5×4×3×2×1)
=27,907,200÷720
=38,760通り→そのうちの10%が連1間・同1と概算

〈三繰478〉 03 09 13 15 16 22 28 (連間複合、30台無し)
〈三繰479〉 16 20 25 27 31 34 35 (00台無し)
〈三繰480〉 03 14 16 26 27 32 35
〈三繰481〉 07 12 16 23 31 32 34 (連間複合)
〈三繰482〉 09 12 13 16 23 25 30



こちらでも連1間1・同1の制限を無くして要素フリー!

★おすすめ度3:ある程度の絞りは必要
■約26万6,409分の1→約3万4,884分の1ぐらい?
(38,760通り−3,876通り)

〈三繰483〉 16 20 23 25 32 35 36 連1間1・同2(00台無し)
〈三繰484〉 03 07 09 12 14 16 26 連0間3・同1(間1三間1、30台無し)
〈三繰485〉 07 13 15 16 25 27 35 連1間2・同1三同1(連間複合)
〈三繰486〉 16 20 22 28 30 31 32 連0三連1間2・同2(三連間複合、00台無し)
〈三繰487〉 14 15 16 23 30 34 35 連1三連1間0・同2(00台無し)

ただでさえ、シミュレーションを上回る頻度の三繰
それが倍加されている現状なので、可能性は充分。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック