FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2013年10月10日 (木) | 編集 |
【超絶取扱注意!】

この攻略は、三週連続で繰り越している数字にスポットを当て、
週連続でり越すと想定して、数字を大幅に絞り込みます。
なので、狙いが的中すると超有利!

しかし、り越しが、大体2ヵ月に1回出るぐらいの狭い道。
さらに! り越しは、大体10ヵ月に1回出るぐらいの超狭い道!
メリットとデメリットを把握した上でご利用ください。


り越し候補は、1118!

想定では、ものすごく確率が低いはずのり越し×2
それが、つい先日の第24回に出たばかりなのに、
早くも先週の第27回にまたまた登場。

一体どうなってるの? と首をかしげたくなる派手な繰り越し。
だったらこの勢いで、四繰出ても良いんじゃない!?



もっと絞り込むため、出現率の低い「37」も削除。

今回も平均値の連1間1・同1オンリーですので、
他の要素を狙う方はアレンジしてください。

それでは、合計28通りの四繰予想をどうぞ。
 ↓

オレンジ文字=3週連続で登場中の数字、
前回当選番号の本数字=紫文字、ボーナス数字=緑文字
下線文字=出現数1位「28」、2位「23」、同率3位「02」「21」


恒例のロト7天国オリジナル予想法から、それぞれ単独で
基本の1空き1・下一桁同1四繰1は、

第28回ロト7予想!〈基本の平均値編〉

で、予想していますので参照してください。



こちらでは始めに上記の条件で、四繰候補の複合型。
1空き1・下一桁同1四繰2

前回当選数字から四繰候補以外の残り5個、
ボーナス数字2個の合計7個が出ない!と想定
37」も削除

●出ないと予想した数字8個
01、10、14、17、25262837



★おすすめ度2:最初から絞り込み強
連1間1・同1繰1★おすすめ度5
■約1029万分の1→約8,073分の1ぐらい?
(27×26×25×24×23)÷(5×4×3×2×1)
=9,687,600÷120
=80,730通り→そのうちの10%が連1間1・同1と概算

〈四繰088〉 11 18 24 29 31 35 36 (00台無し)
〈四繰089〉 05 07 11 18 21 22 29 (30台無し)
〈四繰090〉 02 06 11 18 19 21 34 (連間複合)
〈四繰091〉 11 13 18 27 30 31 35 (00台無し)



ここから真三繰攻略へ突入!
さらに、前々回当選数字から四繰候補以外の残り5個、
ボーナス数字2個の合計7個が出ない!と想定
でも、26がカブっているので6個

●追加削除6個
13、16、2127、31、36



それぞれ単独で、
1空き1・下一桁同1四繰1

★おすすめ度2四繰1はイケるかも
■約1029万分の1→約5,426分の1ぐらい?
(21×20×19×18×17×16)÷(6×5×4×3×2×1)
=39,070,080÷720
=54,264通り→そのうちの10%が連1間・同1と概算

〈四繰092〉 02 08 09 11 23 32 35 (連間複合)
〈四繰093〉 05 08 11 12 23 32 34
〈四繰094〉 04 06 11 20 23 34 35
〈四繰095〉 11 15 19 20 24 30 32 (10台無し)

〈四繰096〉 04 05 09 18 23 32 34
〈四繰097〉 02 08 18 19 30 33 35 (20台無し)
〈四繰098〉 12 15 18 20 24 33 34 (00台無し)
〈四繰099〉 03 06 07 09 18 24 29 (連間複合、30台無し、00台4つ)



さらに繰り越し候補の複合型
1空き1・下一桁同1四繰2

★おすすめ度1:かなりロマン
■約8,073分の1→約2,035分の1ぐらい?
(21×20×19×18×17)÷(5×4×3×2×1)
=2,441,880÷120
=20,349通り→そのうちの10%が連1間1・同1と概算

〈四繰100〉 03 04 11 15 18 32 34 (20台無し)
〈四繰101〉 02 04 07 08 11 18 29 (30台無し、00台4つ)
〈四繰102〉 09 11 18 24 29 30 35
〈四繰103〉 11 18 22 23 29 33 35 (00台無し)



そして、真四繰攻略へ!
追加で、前々々回当選数字から四繰候補以外の残り5個、
ボーナス数字2個の合計7個が出ない!と想定
でも01、10、16、17、21がカブってるので2個・・・少なッ!

●追加削除2個
06 24

★おすすめ度0:カブりは吉か凶か
■約5,426分の1→約2,713分の1ぐらい?
(19×18×17×16×15×14)÷(6×5×4×3×2×1)
=19,535,040÷720
=27,132通り→そのうちの10%が連1間・同1と概算

〈四繰104〉 11 15 20 22 29 32 33 (00台無し)
〈四繰105〉 02 04 07 08 11 20 34 (00台4つ) 
〈四繰106〉 03 05 11 19 22 23 34
〈四繰107〉 02 03 09 11 15 30 35 (20台無し)

〈四繰108〉 04 05 07 12 18 23 33 (連間複合)
〈四繰109〉 02 07 09 15 18 29 30
〈四繰110〉 12 15 18 20 29 34 35 (00台無し)
〈四繰111〉 05 09 18 19 23 32 34



最後に複合型!

★おすすめ度−1:出たら逆に超スゴい
■約2,035分の1→約1,163分の1ぐらい?
(19×18×17×16×15)÷(5×4×3×2×1)
=1,395,360÷120
=11,628通り→そのうちの10%が連1間1・同1と概算

〈四繰112〉 03 04 11 18 22 33 35
〈四繰113〉 11 12 15 18 23 30 32 (00台無し、10台4つ)
〈四繰114〉 05 07 11 18 23 33 34
〈四繰115〉 02 08 09 11 15 18 30 (連間複合、20台無し、00台4つ)

四繰1は、そろそろ来ておかしくないかも。
四繰2は、また別次元のミラクル。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック