FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2019年01月18日 (金) | 編集 |
回別第300回
抽選日2019年1月18日
本数字04 07 21 31 33 34 35
ボーナス数字(06) (12)

1等1口 10億円 
2等4口 2168万9,100円 
3等172口 70万6,100円 
4等7,409口 9,600円 
5等11万4,350口 1,500円 
6等19万3,635口 1,100円 

販売実績額26億2910万1,600円 
=876万3,672口×300円 
キャリーオーバー7週累積−20億円 10億9782万5,350円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット I
抽選順序040733352131340612
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
(本数字→ボーナス1個 06
ボーナスから0
回から0
ット前回から0個(第288回・セットI
(ボーナス→本数字1個 31

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0三連1間1・同2
その他の特徴三連間複合、10台無し、30台4つ
予想しやすさ★★★☆☆ 30台濃いめで独特

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第300回ロト7は、1等当選が1口出て、
最高額10億円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

2019年で初となる最高額10億円!
お年玉には遅いですが、めでたいことは間違いなし。

そして、次回にも最高額10億円チャンスを持ち越しで、
今年のスタートは、なかなか良いループに入っています。



第280回以降の集計で見ると、上位は不発。
5回出現で同率5位だった35が最も上からの当選。

4回出現で中盤だった04と、
3回出現で中盤下だった07 34は納得感。

2回出現で同率ビリ2グループだった21 31や、
1回出現で単独最下位だった33など、下位が躍進。

全体的に下位に寄っていて、独特の数字の出現分布でした。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、完全沈黙。
前回までは、ボーナス数字とはいえ露出があったのに・・・。


初期ワースト3の「18 25 37」からも、完全沈黙。
2回続けて完全沈黙で、削除候補として機能しだしました。



「いずれかの十台無し」優勢の流れの中で、
やや珍しい「10台無し、30台4つ」となりました。

直前の4回は、すべて10台複数個当選で、
4回中3回は10台3個と好調だったのに不発。
ですが、その前の第295回が「10台無し」でした。



要素を確認。
続数字0組・三連続数字1組、空き数字1組、下一桁数字2組」
三連間複合、10台無し、30台4つ

第280回以降の21回で4度目の「三連間複合」以上の要素。
第295回は00台5個「三連間連複合」と大炸裂!
「三連間複合」が、第283回は10台で、第292回は20台で、
そして今回は30台でと、各十台を1回ずつ、全4十台を制覇!

発生率は高くないけど、ある種の類型と言えるでしょう。
ただ、どの十台で成立するかが、これほどバラけるとは。

第280回以降の類型と比べてみると、
「3数字以上密集&2箇所分散の超濃いめ」に近い。
でも、今回は2箇所分散型ではなく、4数字密集1箇所。


下一桁は、標準多めの数字2組。
前回はハイパーレアな四同1組と波乱含みだったので、
2・3回前に続いた多めながら標準の同2組に戻ってホッと一息。



繰り越し関連は、前回り越しは、0個と少なめ。
ボーナス繰り越しは、0個と標準的。
回繰り越しは、0個と少なめ。
ットから繰り越しも、0個と少なめ。

これだけ数字の関係性が無いのは逆に珍しい。
やはり独特な数字の出現傾向という感じ。

繰り越しオールゼロは第167回以来で、
ロト7史上2度目の珍記録なのが地味にスゴい。



今回の使用球は、セットI
2番目に長く使用されていなかったセット球。

1番目と同じ30巡目で交換シャッフル。
最近主流だった大きくジャンプ路線ではなく、
以前の選択方針に戻ったのなら不自然ではない。

ちょっと不安定な選定になっていて、
事前の想定が難しい期間になっています。



球の色は、3個が「水色」の1色のみ。
かたよりとしては、やや特殊な部類。

「緑」と「ベージュ」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ300080923252832360206

リハ299101116252832360918

第300回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同1 10台無し 配色:セットA

前回リハと比べると、繰り越し4個+ボーナス繰り越し1個相当。
特に本数字後半4個が完全一致しているのが怖いぐらい。
それでいて「00台無し」→「10台無し」なのもスゴい。
好調だった10台が、本抽選・リハともに出現せず。

それだけ特徴的なのに、要素は平均値の連1間1・同1

初期トップ4からは「23 28」が本数字。
初期ワースト3からは「25」が本数字。
「25 28」がリハで2回続けて登場が絶妙。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック