fc2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2019年09月07日 (土) | 編集 |
回別第333回
抽選日2019年9月6日
本数字01 04 10 11 16 24 34
ボーナス数字(30) (32)

1等0口 該当なし 
2等8口 977万7,700円 
3等163口 67万1,800円 
4等7,178口 8,900円 
5等10万9,222口 1,400円 
6等17万7,114口 1,100円 

販売実績額23億7046万6,200円 
=790万1,554口×300円 
キャリーオーバー3週累積 12億0000万1,505円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット G
抽選順序103411240104163230
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 10 24
(本数字→ボーナス1個 30
ボーナスから0
回から1個 11
(ボーナス→ボーナス1個 30
ット前回から1個 11(第331回・セットG
(ボーナス→ボーナス1個 30

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間0・同1三同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★☆☆☆ また薄め&下一桁多め

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第333回ロト7は、1等が出ず、
12億円がキャリーオーバー!

また億万長者が誕生せず残念でしたが、
久しぶりに最高額10億円を超える累積金額に。
これで次回の注目度も上がってきそうで期待大。



第300回以降の集計で見ると、
単独首位を守り続けてきた34が、第323回以来と久々の当選!
再び同率2位に2回差と、また独走態勢に入ったのか。

そして、2回続けて当選の10が同率2位に浮上。
なんと4回続けて1個ずつ同率2位が増加して、すでに5個。
一部の数字が交代で上位に上がってきているのが不思議。
短期集中当選の数字が増えてきている証拠でしょう。

その下の三番手グループにも、予備軍として04 11 24が加入。
残りの2個も中盤からの出現で、下位からの登場が激減。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、30がボーナスのみ。
ボーナス→本数字→ボーナスと、30は露出度が異様に高い。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、また完全沈黙。
「18」の勢いに陰りが見えて、2回続けて露出度ゼロ。



2回続けて「30台無し」から、2回続けて「各十台あり」へ。
まんべんない分布で、掴みどころがない系は前回と類似。

「いずれかの十台無し」優勢の流れは去ってしまったか。



要素を確認。
続数字1組、空き数字0組、下一桁数字1組・数字1組」
各十台あり

連0間1連1間0と、続けて掴みどころのない薄め。
それ以前の超濃いめとは一線を画す展開になっています。
また3種類の第300回以降の類型には、当てはまらず。


下一桁は、数字1組+数字1組と超多め。
前回は割とレアな超多めの同3組だったので、
別の珍しい多めへの変化は、連間部分に通じるものがあります。
その前は標準の同1組か同2組で、安定していたのに。



繰り越し関連は、前回り越しが2個と多め。
超多め派手め→超多め→多めと、マイルドになってきましたが、
依然として傾向としては多めに振れていることは確か。

ボーナス繰り越しは0個と標準的。
8回の沈黙を経て、前回は久しぶりに1個が復活。
しかし、またすぐに0個に逆戻りで、流れは変わらず。

回繰り越しは1個と標準的。
ットから繰り越しも1個と標準的。
使用されたセットGは、実は2回前の使用だったので同一。
結果としては普通で、短期間という特別感は無し。



今回の使用球は、そのセットG
9番目に長く使用されていなかったセット球。

大ジャンプ路線ながら、定番の8番目ではなく9番目。
結構なフェイントで、事前の想定は勇気が必要でした。



球の色は、2個が「緑」と「ベージュ」の2色。
かたよりとしては、一般的な部類。

「紫」と「黄色」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ333060714232628320820

第333回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同1 各十台あり 配色:セットA

こちらは平均値そのもので、各十台ありが標準的過ぎます。
その上、初期トップ4から2個、初期ワースト3から無し。
ある意味では理想的ですが、逆に難しい気もします。

初期トップ4からは「23」と「28」と複数。
初期ワースト3からは、3週続けて完全沈黙。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック