FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2019年09月14日 (土) | 編集 |
回別第334回
抽選日2019年9月13日
本数字03 07 15 16 30 34 35
ボーナス数字(08) (29)

1等0口 該当なし 
2等7口 1268万4,700円 
3等194口 64万0,700円 
4等8,126口 8,900円 
5等12万7,766口 1,400円 
6等21万8,183口 1,000円 

販売実績額26億9081万7,600円 
=896万9,392口×300円 
キャリーオーバー4週累積 17億2840万3,925円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット A
抽選順序031507343016352908
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 16 34
ボーナスから1個 30
回から3個 07 15 30
(ボーナス→本数字1個 03
ット前回から1個 30(第322回・セットA
(本数字→ボーナス1個 29

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連2間0・同1
その他の特徴20台無し
予想しやすさ★★★☆☆ 比較的珍しい「20台無し」

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第334回ロト7は、1等が出ず、
123千万円がキャリーオーバー!

またまた億万長者が誕生せず残念でしたが、
ここまでキャリーオーバーが続いたのも結構久しぶり。

次回は、1等が2口に割れても10億円に届きそう。
令和初の最高額がいよいよ成立するでしょうか。



第300回以降の集計で見ると、
単独首位ながら前回に久々の当選だった34が続けて登場!
また、同率2位グループから30当選で単独2位に抜け出ました。

そして、その他は全て中盤から固まって登場し、
下位から登場がないのは、見事に最近のパターンを踏襲。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
30が本数字で、29がボーナスとなりました。
30はボーナス→本数字→ボーナス→本数字と、
めまぐるしいけど、露出度が異様に高く、好調なのは確か。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、またまた完全沈黙。
3回続けて露出度ゼロなのは、ある意味では順当。



2回続けて「各十台あり」から「20台無し」へ。
「いずれかの十台無し」優勢の流れが戻ったのかどうか。

「20台無し」は比較的珍しいので、想定は難しかった。



要素を確認。
続数字2組、空き数字0組、下一桁数字1組」
20台無し

連2間0・同Xで、やや掴みどころが無い濃いめ」と、
第300回以降の類型のひとつに、久しぶりに当てはまりました。
このパターンは第322回以来で、流れが遠ざかっていた感じ。

最近は類型に当てはまらない薄めが続いていたので、
次回以降は薄めに戻るのか、類型が復活なのかも注目。


下一桁は、数字1組と標準的。
こちらもレアでイレギュラーな超多めが続いていたので、
このまま標準の同1組か同2組で、安定してくれるとありがたい。



繰り越し関連は、前回り越しが2回続けて2個と多め。
超多め派手め→超多め→多めですが、標準以下にはならず、
多めで揃っているので、傾向がハッキリしています。

ボーナス繰り越しは1個と多め。
8回続けて0個→1個→0個→1個と、2回に1回の1個が復活気味。
流れが変わったのか、偶然なのか、今後の動向にも注目。

回繰り越しは3個と超多め。
最近の繰り返し同じ数字が登場する傾向が、如実に表れています。

ットから繰り越しは1個と標準的。
可もなく不可もなく、セット球の中堅数字が続けて当選。
セット球よりも、最近の強数字が優先されている印象。



今回の使用球は、セットA
2番目に長く使用されていなかったセット球。

前回使用から12週後だし、1番目と同じ34巡目だし、
条件的には充分満たしていて有力候補だったと言えます。

ただ、大ジャンプ路線のセオリーからは外れていて、
1番目直帰が最有力だったので、少し意外かも。



球の色は、2個が「紫」と「黄色」の2色。
かたよりとしては、一般的な部類。
この2色が先週は完全沈黙だったのが面白い。

「緑」と「水色」がボーナスにも出ない完全沈黙。
逆に「緑」が先週は2個出ていたのが対照的。



★その他の情報

リハ334020307092227341520

第334回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同2 10台無し、00台4つ 配色:セットA

かたよった各十台分布だったものの、要素はほぼ標準的。
前回リハは平均値連1間1・同1+「各十台あり」だったので、
リハーサルに関しては、標準に近い流れなんでしょうか。

初期トップ4からは、完全沈黙。
初期ワースト3からは、4週続けて完全沈黙。
どちらも完全沈黙なのは、意外に珍しい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック