FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2019年12月07日 (土) | 編集 |
回別第346回
抽選日2019年12月6日
本数字11 16 18 23 30 31 35
ボーナス数字(03) (27)

1等1口 10億円 
2等8口 1054万9,100円 
3等152口 77万7,200円 
4等7,411口 9,300円 
5等11万6,307口 1,400円 
6等22万1,320口 900円 

販売実績額25億5749万1,300円 
=852万4,971口×300円 
キャリーオーバー16週累積−70億円 13億9385万1,380円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット C
抽選順序312316113035182703
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 18 四繰1個 31
ボーナスから1個 35
回から1個 11 四繰1個 31
ット前回から2個 18 35(第335回・セットC

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同1
その他の特徴00台無し
予想しやすさ★★★★☆ 要素は平均値だけど・・・

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第346回ロト7は、1等当選が1口出て、
最高額10億円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

5回続けて1等1口最高額10億円→3回続けて1等該当無し→
2回続けて1等1口最高額10億円というペース配分に。

それ以前は、1等が複数口出たりして累積金額が枯渇し、
10億円のチャンスが途切れてしまうことが多かったのに、
今のロットは、最高額の可能性が続いているのも特徴的。
次回も累積金額だけで10億円以上残っていて嬉しい。



第339回以降の集計で見ると、4回続けて当選の31が同率首位に!
単独首位だった「32」が、直近7回中5回当選で大記録だったのに、
31が直近6回中5回当選で、あっさり更新し短期的には抜く形。

隣り合った数字が時間差でり越しを達成して、
第339回以降で62.5%の超高い出現率は、クレイジー極まりない挙動。

11は2回続けての当選はないのに、直近8回中4回当選が逆にスゴい。
31&「32」と並ぶ30と、2回続けて当選の18は、直近8回中3回当選。
尋常ではない確率で、同じ数字が繰り返し当選しています。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、23 30と複数。
直近8回は必ずいずれかが登場し、複数も3回と、グループとして好調。
31&「32」コンビとも近く、同時登場して親和性が高い。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、18が2回続けて当選。
最初の5回は不発だったのに、直近3回は「37」と18が登場。
初期トップ4が初期っぽく勢いが良いのに対して、
初期ワースト3は初期っぽくなく勢いが良いのが正反対。



「00台無し」→2回続けて「各十台あり」→「10台無し」→
2回続けて「00台無し」→「各十台あり」→「00台無し」に。

合間に「各十台あり」が挟まってはいますが、
明らかに「いずれかの十台無し」が優勢と言えます。

20台後半〜30台前半の好調さと連動して「00台無し」が頻発。
ここら辺りは合わせて狙っていくのが良いかもしれません。



要素を確認。
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字1組」
00台無し

ここにきて、まさかの平均値連1間1・同1となりました。
20台後半〜30台前半の好調は引き続き維持しているけど、
3数字以上密集は成立せず、徐々に薄めへシフトしてきています。

ただ、平均値といっても2箇所分散なので、薄めではない。
第339回以降の類型からは、また少しズレていました。


下一桁は、標準ど真ん中の数字1組。
2回続けて標準多めの同2組→2回続けて標準ど真ん中の同1
6回続けて標準圏内で、第339回以降は非常に安定しています。



繰り越し関連は、前回り越しが1個に加え、
り越し1個で、合計2個と多め派手め。
前回はこれに加えり越し1個で合計3個だったし、
前々回はり越し含む合計4個と、凄まじい多め派手め路線。

2回続けて時間差でり越し自体が普通じゃない上に、
それが30台前半の隣り合わせた数字というのも物凄い。


ボーナス繰り越しは1個と多め。
前回は0個だったので、また2回に1回が1個ペースを達成。
確率的にありえなさそうで、本当に出目操作を疑いたくなるほど。

回繰り越しは1個に加え、り越し1個で、
またまた合計2個と派手だけど想定内の多め。
続けて当選の無い11は、直近8回で前回繰り越しを2回達成。

ットから繰り越しは2個と多め。
20台後半〜30台前半を避けつつ、割と多めなのも面白い。



今回の使用球は、セットC
2番目に長く使用されていなかったセット球。

最近の大ジャンプ路線+小シャッフル路線のミックス進行では、
前回の1番目から小シャッフル路線に分岐した形で想定内。

セットCは先頭を独走する特別なセット球で、
基本は早め進行なのに、11週経過していたので納得感。
これによりロト7の10セットは、37巡目突入となりました。



球の色は、3個が「緑」で、2個が「紺」に。
かたよりとしては、やや強めの部類。

「赤」がボーナスのみの登場。
「紫」と「ベージュ」がボーナスにも出ない完全沈黙。
本数字に出なかった数字が、結構多かった回でした。



★その他の情報

リハ346010304071114291517

第346回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同2 連間複合、30台無し、00台4つ 配色:セットA

こちらも連1間1ですが、3数字密集の「連間複合」に。
00台から4個+初期トップ4の「29」登場で、割と初期っぽい。
ボーナス数字を組み込むと、10台4個&「連関複合』なのも面白い。

初期トップ4から、上記のように「29」が登場。
初期ワースト3からは、またまた完全沈黙で本抽選と対照的。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック