FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2020年03月23日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、3週キャリーオーバー中。
ただし、前々回に1等最高額10億円が1口出たので、
残りの金額は約7億1千万円。

過去の実績からすると、次回第361回の当選金額は、
1等単独当選で、最高額10億円
加えて、1億円程のキャリーオーバーと予想されます。

約7億円は蓄積量としては微妙なところですが、
次回で、最高額10億円まで届くことは、ほぼ確実でしょう。

しかし、微妙なだけに注目度が上がり切らなければ、
競争率が下がって、1等単独当選のチャンスが広がるかも!


下記の各期間+第339回以降に分けて集計。
第339回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」
第127回〜第145回のまとめ→「ロト7第146回予想のための蜃考察」
第146回〜第157回のまとめ→「ロト7第158回予想のための信考察」
第158回〜第175回のまとめ→「ロト7第176回予想のための眞考察」
第176回〜第190回のまとめ→「ロト7第191回予想のための深考察」
第191回〜第251回のまとめ→「ロト7第252回予想のための伸考察」
第252回〜第279回のまとめ→「ロト7第280回予想のための進考察」
第280回〜第299回のまとめ→「ロト7第300回予想のための申考察」
第300回〜第338回のまとめ→「ロト7第339回予想のための進考察」


それでは第361回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第339回〜第360回の22回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

9回出現 11  8回出現 なし  
7回出現 18 30 32
6回出現 04 13 17 19 23 31

5回出現 06 10 14 20 33 
4回出現 22 24 26 28 29 34 36 
3回出現 03 05 08 09 15 25 27 35 37 

2回出現 02 16 
1回出現 01 07 12 21 

ボーナスのみ出現/0回出現 なし



01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第360回〉 09 11 13 14 20 22 3715 17


★直近6回出現回数上位
3回 04 13 14 33  
2回 05 09 11 20 26 30 34



★本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位
10週 21  9週 28  8週 18

東京抽選でのみ現在進行形で連続出現していない長さ下位
12回 03  10回 18  



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第360回09 11 13 14 20 22 3715 1712
第359回04 07 11 17 19 26 3501 241121
第358回05 13 14 26 32 33 3408 1132
第357回05 08 12 13 14 24 3027 3510
第356回04 16 20 30 33 34 3619 2120
第355回04 06 09 10 23 27 3314 31112
第354回01 02 08 10 13 25 3123 3500
第353回11 15 22 23 24 29 3319 3401
第352回03 04 14 18 26 30 3228 3401
第351回08 13 17 19 23 25 2805 16210
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
濃い赤文字り越し以上
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第339回以降の傾向

2回続けて当選の11が2位に2回差の単独首位に!
11が1位 出現率40.9%(9回/22回)
18 30 32が2位 出現率31.8%(7回/22回)


本数字+ボーナスの総合出現数
こちらでも、11が2位に2回差の単独トップで独走状態!


またも10台3個の「各十台あり」に!
「各十台あり」発生率 63.6%(14回/22回)
20台出席率 100%(22回/22回)


増えてきた標準ど真ん中のり越し1
前回からり越し1個以上77.3%(17回/22回)


久々に少なめに振れて下一桁同0
下一桁数字1組以上90.9%(20回/22回)


4数字密集でしたが三連にはならず
三連続数字以上の出現率は22.7%(5回/22回)



第339回以降に見られる傾向

  1. 3数字以上密集型の超濃いめ
  2. 連1間0・同Xで、平均値やや薄め
  3. 連0間2・同Xで、オプション「三間」
  4. 平均値ど真ん中の連1間1・同1 New!

第360回は、連1間3・同0「三間連複合」で、
4数字密集&2箇所分散の超絶濃いめで1.に該当



■詳細解説

第339回以降の出現傾向

第339回以降でも序盤に強かった11ですが、再び好調の様子。
このタイミングで2回続けて当選し、2位に2回差の単独首位はスゴい。

その他は、中盤から幅広く当選し、特に強かった数字は無し。
しかし、11に加え13 14も登場で、まだまだ10台が絶好調。

下位からは、2回出現09 37が登場と、少なくはなかったものの、
最下位からバンバン登場ではなかったのは、単なる弾切れ?

そして、20台から2個&30台から1個の当選はあったのに、
20台後半〜30台前半がポッカリ空き、復活の気配無し。



最初期トップ4の「23 28 29 30」からは、また完全沈黙。
3回続けて完全沈黙で、その前の2330の好調が嘘のよう。
20台後半〜30台前半の失速と完全にリンクしています。

最初期ワースト3数字の「18 25 37」からは、37が当選。
大阪抽選明けは7回中6回が完全沈黙でしたが、ひとまず登場。
最初期トップ4よりも先に、本格的に復活してしまうのか。



「直近6回での出現数」は、14が6回中3回に浮上。
そして、04 13 33が6回中3回を維持。
注目すべきは、直近4回中3回で13 14がコンビ当選達成!
10台絶好調の原動力で、隣り合わせでこの頻度はオカルト的。

33は6回中4回当選の名残で、直近2回は不発。
04は比較的分散して登場しているのが特徴。

6回中2回当選は、7個で横這い。
入れ替わりも少なく、繰り返し当選が減っている感じ。



10週以上の長期休眠数字は、なんと0個でした!
当たり前ですが、そこから当選があるわけもなく、
最近の長期休眠数字の当選ラッシュは、こんな形で一旦終了。

しかし、予備軍9週休眠だった37は当選していたのがスゴい。
結局はまんべんない当選傾向で、長期休眠が少ないという結論。
優先削除候補としてより、むしろ優先組み込み候補として優秀。

一方で、新しく21が10週以上休眠数字へと加わりました。
そして、最初期ワースト3なのに同率2位の18が、
東京抽選でのみ10回以上休眠、全体で予備軍8週休眠に突入。
もはや強いんだか弱いんだか、よく分からないポジションに。



第339回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

ただでさえ単独トップだった11が、さらに引き離し、
2位に2回差で独走体制になったのは、本抽選と同じ構図。

その他の上位には動きがなく、まんべんない傾向がここでも影響。

本9回&ボーナス2回で計11回11 ↑Up!

本6回&ボーナス3回で計9回19

本7回&ボーナス1回で計8回32
本4回&ボーナス4回で計8回24

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第339回〜当選数字シンプル版」



第339回以降を、各十台で分析。ブルーグレー地=大阪抽選

356→360各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
351→35530台無し各十台あり00台無し各十台あり各十台あり
346→35000台無し各十台あり各十台あり各十台あり00台無し
341→345各十台あり10台無し00台無し00台無し各十台あり
336→340各十台あり各十台あり各十台あり00台無し各十台あり
331→33530台無し各十台あり各十台あり20台無し各十台あり
326→33030台無し20台無し各十台あり各十台あり30台無し
321→32500台無し各十台あり00台無し30台無し各十台あり
316→32020台無し30台無し各十台あり各十台あり各十台あり
311→315各十台あり各十台あり各十台あり20台無し各十台あり
306→31000台無し各十台あり各十台あり30台無し00台無し
301→305各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
296→30030台無し各十台あり30台無し各十台あり10台無し
291→295各十台あり00台無し00台無し30台無し10台無し
286→290各十台あり各十台あり各十台あり20台無し各十台あり
281→28530台無し00台無し00台無し各十台あり00台無し
276→280各十台あり

第339回以降
 各十台あり  14回/22回  63.6% 
00台無し6回/22回 27.3% 
10台無し1回/22回 4.5% 
20台無し0回/22回 0% 
30台無し1回/22回 4.5% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第300回〜第338回
 各十台あり  26回/44回  59.1% 
00台無し6回/44回 13.6% 
10台無し2回/44回 4.5% 
20台無し4回/44回 9.1% 
30台無し6回/44回 13.6% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第280回〜第299回
 各十台あり  9回/20回  45.0% 
00台無し5回/20回 25.0% 
10台無し1回/20回 5.0% 
20台無し1回/20回 5.0% 
30台無し4回/20回 20.0% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第65回以前系統は「いずれかの十台無し」多めで、
第66回〜第104回系統は「各十台あり」多めという図式に。
第339回以降は両者がかなり拮抗しています。

7回続けて「各十台あり」なのは最近らしい傾向。
しかも、7回全てが「いずれかの十台3個以上」で特殊。
名目的には均等な分布だけど、案外かたより続けています。

この絶妙なバランスが、このまま続いてもおかしくないのか。
ちょっとした変化で「いずれかの十台無し」になりそうだし、
もっと均等な「各十台あり」に振れても全く驚きません。

「いずれかの十台無し」の場合は、現状だと有力候補は見えず。
ただ、やはり「20台無し」の可能性だけは高くなさそう。



★出現傾向

から0〜1個、
から1〜2個、
から1〜2個、
から1〜2個、
から0〜2個

ぐらいと予想しましたが、

から1個、
から1個、
から2個、
から1個、
から2個

となりました。

想定に準拠した比較的まんべんない分布だったのでは。
とはいえ、首位独走のは特別に突出している感じだし、
最下位ではないけど下位の2個も多過ぎる印象。
それでも、平均より少し上位寄りなのは歓迎できます。

次回の基準は、

から0〜1個、
から0〜1個、
から0〜1個、
から1〜2個、
から1〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数 ※ブルーグレー地=大阪抽選
356→360繰2繰1繰3繰1ボ1繰1
351→355繰2ボ1繰0繰0繰0繰1ボ1
346→350繰1四繰1ボ1繰1三繰1
ボ1
繰1四繰1五繰1繰1
341→345繰3繰0三繰1
ボ1
繰1繰3三繰1
ボ1
繰1三繰1
四繰1
336→340繰3ボ1繰0三繰1
ボ1
繰1繰1ボ1繰0
331→335繰2三繰1繰3ボ1繰2繰2ボ1繰1
326→330繰0三繰2繰1繰3繰2三繰2繰1三繰1
四繰1
321→325繰1繰1繰3ボ1繰0繰2
316→320繰2三繰1繰0ボ1繰0繰0ボ1繰1
311→315繰2ボ1繰1繰1ボ1繰0繰1ボ1
306→310繰0繰3繰2三繰1
ボ1
繰0ボ1繰0
301→305繰2ボ1繰1繰1ボ1繰2ボ1繰1三繰1
ボ1
296→300繰1繰1繰2ボ1繰1ボ1繰0
291→295繰1ボ1繰1ボ1繰3三繰1繰0四繰1繰3ボ1
286→290繰0ボ1繰1繰0ボ1繰1ボ1繰0
281→285繰0ボ1繰1ボ1繰1三繰1
ボ1
繰0三繰1
ボ1
繰1
276→280繰1ボ1繰1繰3三繰1繰0三繰1繰1ボ1
271→275繰0三繰1
四繰1
繰0五繰1
ボ1
繰1六繰1繰2三繰1
ボ1
繰2
266→270繰0三繰1繰1繰0繰4繰2三繰1
ボ1
261→265繰2繰0三繰1
ボ1
繰1ボ1繰0繰3ボ1
256→260繰1繰1繰2ボ1繰0三繰1繰1ボ2
251→255繰1三繰1繰0ボ2繰1ボ1繰1三繰1繰1

第339回以降
繰0 4回/22回 18.2% 
繰1 9回/22回  40.9% 
繰25回/22回 22.7% 
繰33回/22回 13.6% 
繰41回/22回 4.5% 
 三繰 4回/22回 18.2% 
 四繰 3回/22回 13.6% 
 五繰 1回/22回 4.5% 
 ボ繰  8回/22回  36.4% 

第300回〜第338回
繰0 10回/44回  22.7% 
繰1 15回/44回  34.1% 
繰28回/44回 18.2% 
繰310回/44回 22.7% 
繰41回/44回 2.3% 
 三繰 8回/44回 18.2% 
 四繰 1回/44回 2.3% 
 ボ繰  18回/44回 40.9% 

第280回〜第299回
繰0 4回/20回 20.0% 
繰1 12回/20回  60.0% 
繰22回/20回 10.0% 
繰31回/20回 5.0% 
繰41回/20回 5.0% 
 三繰 2回/20回 10.0% 
 四繰 1回/20回 5.0% 
 ボ繰  13回/20回  65.0% 


最近の傾向は、基本的に、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少なめ
    標準の「前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個」が
    極端に少なく、イレギュラーが常態に近い
  2. 「前回り越し2個」が結構多い
  3. ボーナス繰り越しが異常に多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

という、似たような流れで統一されていた印象。
あまり期間の区切りによって影響を受けていなさそう。
第339回以降も大元では変わらないかもしれません。

前回もり越し1個でしたが、ボーナス繰り越し1個付きで標準外。
続いては、どストレートに標準のり越し1個+ボーナス繰り越し0個。

やはり、まんべんない当選傾向が大きく影を落としていて、
以前のような派手め傾向は、極端に機会が少なくなりました。
でも、たまに強数字絡みで多めには振れることがあるので注意が必要。


ボーナス繰り越しは、標準の0個へと回帰。
一応は「交互に0個→1個」リズムと言えなくもない。
ですが、1個自体が激減しているので、あまり意味が無いような状況。

次回は、パターンとしては1個に戻るリズムのはずなんですが、
なんとなく0個の方が勝算があり可能性が高そうな雰囲気。
その反面、好調10台の15 17も弱くなさそうで判断が難しい。



続・空き・下一桁その他の特徴
第360回連1間3・同0三間連複合
第359回連0間1・同1-
第358回連1三連1間0・同2-
第357回連0三連1間0・同1-
第356回連1間1・同3連間複合、奇数偶数比1:6、
30台4つ
第355回連1間1・同1-
第354回連1間1・同1-
第353回連0三連1間0・同100台無し、20台4つ
第352回連1間1・同1奇数偶数比1:6
第351回連0間2・同230台無し
第350回連1間2・同1三間連複合、00台無し
第349回連1間0・同110台4つ
第348回連0四連1間0・同0-
第347回連0間2・同1-
第346回連1間1・同100台無し
第345回連2間0・同1-
第344回連2間1・同2連間連複合、00台無し
第343回連0四連1間1・同200台無し
第342回連1間0・同110台無し
第341回連0間2・同2三間1
第340回連1間0・同1三同1-
第339回連0間2・同100台無し

第360回の要素は、
1組・空き3組・下一桁同0
三間連複合

4数字密集「三間連複合」+空きで、2箇所分散の超絶濃いめ。
「三間連複合」はレアなのに、10回前の第350回にも成立で興味深い。

第339回以降の類型では「3数字以上密集型の超濃いめ」に該当。
「平均値ど真ん中の連1間1・同1」とともに、大阪抽選以降はほぼ二択。
次回以降も、どちらかを想定した方が無難かもしれません。

他の類型「連1間0・同X、平均値やや薄め」と「連0間2・同X」は、
大阪抽選を境に、すっかり止まってしまったので期待できない。


下一桁数字は、少なめの同0組。
4数字密集のせいもありますが、それでも相当に珍しい形で、
第339回以降の22回で2回目という希少さで、再現されるかは怪しい。

標準圏内の同1組か同2組で、安定してくれることを望んでしまいます。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック