FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2013年12月12日 (木) | 編集 |
一部、【取扱注意!】

この攻略は、二週連続で繰り越している数字にスポットを当て、
週連続でり越すと想定して、数字を大幅に絞り込みます。
なので、狙いが的中すると超有利!
しかし、り越し自体、大体2ヵ月に1回出るぐらいの狭い道。
メリットとデメリットを把握した上でご利用ください。


「・・・って、先週はり越し0個だったから、
 今週の三繰予想はお休みじゃないの?」
と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、繰り越し関連の動向を見ると、
大阪抽選は無かったものとして考えるのは、
ある意味で有効な戦略かもしれません。

なので、今回は特別企画!
2週前の大阪抽選を無視して、3週前の東京抽選に注目。
第34回から第36回に繰り越している数字を
三繰候補の代役として予想する作戦です。
(つまり、前回繰り越し数字)

今回のり越し候補は、06!



平均値の連1間1・同1に加え、要素フリーでも予想。
合計25通りの三繰予想をどうぞ。
 ↓

ピンク文字=東京抽選で2回連続で登場中の数字、
前回当選番号の本数字=紫文字、ボーナス数字=緑文字
下線=出現数首位「28」、2位「23」、3位「02」「29」


まずは恒例のロト7天国オリジナル予想法から、
基本の1空き1・下一桁同1三繰1

前回当選数字から裏り越し候補以外の残り6個、
ボーナス数字2個の合計8個が出ない!と想定

●出ないと予想した数字8個
05、10、11、20、25、28、36、37



★おすすめ度5:通常のり越し1個と同等
■約1029万分の1→約3万7,674分の1ぐらい?
(28×27×26×25×24×23)÷(6×5×4×3×2×1)
=271,252,800÷720
=376,740通り→そのうちの10%が連1間1・同1と概算

こちらは「第37回ロト7予想!〈基本の平均値編〉」
基本的に同一なので、そちらを参照してください。



連1間1・同1の制限を無くして要素フリーで!

★おすすめ度5:普通にいけるはず
■約1029万分の1→約33万9,066分の1ぐらい?
(376,740通り−37,674通り)

〈三繰586〉 06 14 18 24 26 31 35 連0間1・同2
〈三繰587〉 06 08 09 12 15 23 27 連1間1・同0(連間複合、30台無し)
〈三繰588〉 06 07 13 17 18 21 29 連2間0・同1(30台無し)
〈三繰589〉 04 06 14 19 26 31 32 連1間1・同2
〈三繰590〉 01 02 06 22 24 34 35 連2間1・同2(10台無し)



ここから真・裏三繰攻略!
さらに、前々々回当選数字から裏り越し候補以外の残り6個、
ボーナス数字2個の合計8個が出ない!と想定

●追加削除8個
04、07、0823、24、27、32、35



★おすすめ度3:理論的には大丈夫
■約3万7,674分の1→約3,876分の1ぐらい?
(20×19×18×17×16×15)÷(6×5×4×3×2×1)
=27,907,200÷720
=38,760通り→そのうちの10%が連1間・同1と概算

〈三繰591〉 06 09 14 16 17 22 30 (連間複合)
〈三繰592〉 02 06 19 21 26 33 34
〈三繰593〉 06 12 13 17 19 30 33 (20台無し、10台4つ)
〈三繰594〉 01 03 06 15 18 21 22 (30台無し)
〈三繰595〉 01 02 06 13 17 29 31



こちらでも連1間1・同1の制限を無くして要素フリー!

★おすすめ度3:結構絞り込めてます
■約33万9,066分の1→約3万4,884分の1ぐらい?
(38,760通り−3,876通り)

〈三繰596〉 06 13 17 18 19 22 31 連0三連1間0・同0(10台4つ)
〈三繰597〉 02 06 09 14 16 29 33 連0間1・同2
〈三繰598〉 01 02 03 06 26 30 34 連0三連1間0・同1(10台無し、00台4つ)
〈三繰599〉 06 09 14 15 16 33 34 連1三連1間0・同2(20台無し)
〈三繰600〉 01 03 06 21 26 29 30 連1間1・同2(10台無し)



そして最後に禁断の技・・・。
やるなら、とことん「大阪無視」!
前々回の大阪抽選の当選数字から
本数字7個、ボーナス数字2個の合計9個が出ない!と想定
でも「25」「36」が削除済なので7個

●追加削除7個
01、16、18、19、26、30、34



★おすすめ度1:前提条件が狭き門
■約3,876分の1→約172分の1ぐらい?
(13×12×11×10×9×8)÷(6×5×4×3×2×1)
=1,235,520÷720
=1,716通り→そのうちの10%が連1間・同1と概算

〈三繰601〉 06 12 13 17 22 29 31
〈三繰602〉 02 03 06 12 15 17 29 (30台無し)
〈三繰603〉 06 09 13 14 22 31 33
〈三繰604〉 03 06 12 14 15 21 33 (連間複合)
〈三繰605〉 02 06 13 15 21 22 29 (30台無し)



やっぱり連1間1・同1の制限を無くして要素フリー!

★おすすめ度1:当選数字を削除する危険も
■約3万4,884分の1→約1,544分の1ぐらい?
(1,716通り−172通り)

〈三繰606〉 03 06 12 13 15 17 21 連1間2・同1(三間連複合、30台無し、10台4つ)
〈三繰607〉 02 06 09 14 22 29 33 連0間0・同2
〈三繰608〉 06 12 14 15 29 31 33 連1間3・同0(連間複合、三間1)
〈三繰609〉 02 03 06 09 17 21 31 連1間0・同1(00台4つ)
〈三繰610〉 06 12 13 14 21 22 29 連0三連1間0・同1(30台無し)

今回はかなり実験的で結果がどうなるか分かりませんが、
取りあえずチャレンジしてみることは大事。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック