FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2013年12月20日 (金) | 編集 |
回別第38回
抽選日2013年12月20日
本数字04 14 19 22 24 29 34
ボーナス数字(08) (31)

1等1口 3億2367万7,300円 
2等19口 524万1,700円 
3等670口 20万8,100円 
4等6,320口 1万2,900円 
5等8万9,901口 2,200円 
6等16万3,891口 1,100円 

販売実績額21億9715万8,600円 
=732万3,862口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット D
抽選順序341429192404220831
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 14 19
(本数字→ボーナス1個 08
ボーナスから1個 29
回から0
ット前回から0個 (第26回・セットD

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間1・同1四同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★☆☆☆☆ 下一桁がクレイジー

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

1等1口約32千万円が出ました!
当選された方、おめでとうございます!

しかし、これどうやって当てたんでしょう?
下一桁同1四同1ですよ!?
とても生身の人間が申し込みカードにマークできるとは思えませんが・・・。
ヤケクソですか? それとも、やっぱりクイックピック!?

ちょっと、これは当てないでくださいよ・・・
素直にキャリーオーバーでいいじゃないっスか・・・
と言いたくなるような当選数字。

でも、2等・3等も普段と比べてかなり多く出ているので、
少なくても同1三同1以上を選んだ人が多かった証拠。
四同1も結構買われてたのかな。

逆に5等・6等が比較的少なかったのが不思議。



要素的には、超大問題回。
回を重ねる毎に段々マイルドになってきた感があったロト7ですが、
まるで開始当初のような破天荒さが突然復活。

第38回にして初めて、同じ下一桁数字が4つ揃う四同が登場。
しかも付け合わせが同1で、下一桁は*4、*9、*2のわずか3種。
さらに抽選順が「*4 *4 *9 *9 *4 *4 *2」と異様。
クレイジーを究めてます。

そのせいで、続数字は0組、空き数字は1組と薄め。

今回使用のセットDは、同0同2同1三同1同1四同1
下一桁が段々と濃くなっている謎のセット球。



上位数字から29が1個当選。
それ以外は中堅から下位にかけて比較的バランス良く。

かつてのワースト3数字や、長期未出現数字は沈黙。
「各十台あり」も最近のトレンド。

ここらあたりは、順当と言えば順当。



繰り越し関連も大荒れで、前回からり越し2個、ボーナスから1個、
回から0個、同ット前回から0個。

基準値の想定が、繰1ボ0々1セ1なので、
すべてのパートで基準からハズれた結果。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック