FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年02月16日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットAの5周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
(下線は最新使用回の当選数字)

3回出現 27 33
2回出現 08 10 12 18 19 

1回出現
01 02 03 04 05 07 09 
11 14 15 16 17
21 23 26 28 29 34 37


ボーナスのみ出現  24 25 32 31

0回出現 
06 13 20 22 30 35 36


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



本数字 ボーナス 接続
第45回 01 02 09 18 21 27 33 25 31 2 I
第32回 03 08 15 18 27 29 37 31 34 1 I
第24回 04 05 08 10 16 19 33 02 29 2 F
第12回 11 12 14 19 26 27 33 24 32 1 F
第1回 07 10 12 17 23 28 34 03 15 - -
水色=同ット前回から繰り越し、接続=前の週に使用されたセット

■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 9個 13個 8個 5個
平均 1.80個 2.60個 1.60個 1.00個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第45回 連1間0 同1 特になし ★2 0口
第32回 連0間1 同2 特になし ★3 3口
第24回 連1間1 同0 20台無し(ロト7史上初) ★2 0口
第12回 連2間1 同0 連間複合、00台無し、10台4つ ★2 1口
第1回 連0間1 同1 特になし ★3 1口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易

■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第45回 1個・27 1個・01 0 2個・18 27
第32回 0 0 1個・08 1個・08
第24回 0
三繰2個・04 08
0 0
三繰2個・04 08
2個・19 33
第12回 1個・26 1個・14 0 1個・12
第1回 - - - -

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第45回              
第32回              
第24回              
第12回              
第1回              

■セットAの球の配色
セットA
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向
「10台王国」として栄華を誇っていましたが最近先細り。
1巡目3個→2巡目4個→3巡目3個→4巡目2個→5巡目1個。
でも、しっかり皆勤賞はキープです。

ロト7全体を通じて、波があるけど爆発力がある00台。
このセット球でも台頭気味になってきました。

ロト7史上初の「20台無し」はセットAで、
ちょっと他のセット球とは毛色が違う感はある。

五順連続全ての回で、30台が1個の皆勤賞は何気にスゴい。



上位数字で見てみると、「02 23 28 29」が出現。
しかし、各1回ずつで主流ではない。

逆に初期ワースト3から18が活躍。
「37」も本数字1回当選、25がボーナス当選と比較的順調。

27 33などの全体では目立たない数字が伸びているのも異色。
球の出方はかなりユニークと言える。

それに、結構カブりが少なめでまんべんなく出る印象。
「0回出現」数字の残りが、他と比べて割と少ない。



要素的には、続数字と空き数字では
常にほぼ平均近くの大人しい出方。
「連間複合」などの特殊要素が極めて少ない。

これが逆に掴み所を無くさせて、
難易度が上がってしまうパターンが非常に多い。

「各十台あり」の頻度が高いのも、
掴み所を無さに拍車をかけてしまう傾向。

下一桁数字は、平均からやや薄めがメイン。
なぜか連間部分と上手くバランスを取って、
平均の連1間1・同1のやや薄めに納まることが多い。

ちなみに、空き1組の連続記録は、
四順で途切れてしまいました。ちょっと残念。



繰り越し関係は、バラバラで安定性皆無。
基準となる「前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個」が、
一度も出たことが無いのが厄介。

特に5回中2回のボーナス繰り越し1個が痛い。
繰り越しから予想を詰めていくのは、非常に困難なセット球。

ところで接続=前の週に使用したセット球が、
セットF→F→I→Iとシャッフル性が低い異例の展開。
これは意識してやってるんでしょうか・・・。



球の色は、前巡皆勤賞が途切れた「水色」が復活。
しかし、第45回はまんべんなく色が出て印象は薄い。

出ない色がどんどん入れ替わっていく傾向で、
ここでもやっぱり掴み所が無いというイメージ。



■次回以降の展望
「10・20台複数安定、30台1個安定、
 ただし、00台が爆発するケースでは例外。
 数字の出現率はロト7全体とは別に考え、まんべんなく。
 要素は平均付近の薄め」と分析。

掴み所の無さがネックで詰め切るのが難しい。
平均付近が潰しが利きやすいかもしれない

ット繰り越しは、今のところ1個→2個のループ。
次順は1個でヤマを張ってみる!?
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック