FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年03月18日 (火) | 編集 |
★セット球を用いたロト7予想は、ちょっと複雑。
 面倒に感じる方は、無理せずパスしても大丈夫だと思います。
 判断材料は少しでも多い方が良いって人は、ぜひ活用してください。

※第47回ロト7の大阪抽選セットJを、
 セットJの1回分・5周目としてカウントしました。

ロト7セット球の過去使用状況
回\1の位 12 34 56 78 90
第41-50回 B1 G1 C8 I1 A1 J3 H1 F3 E1
第31-40回 I1 A3 F2 H1 E1 E1 J3 D1 F6 C2
第21-30回 H1 C3 F1 A1 E1 D1 B3 J1 C4 G1
第11-20回 F A1 C3 E1 G1 D5 J2 G8 B3 I1
第1-10回 A E G C I J H B D D

1周目2周目3周目4周目5周目6周目7周目
※小数字=前回使用の古い順で何番目から選ばれたかを表します。
ブルーグレー地下線付き=大阪抽選(色付き=カウント有り、グレー=カウント無し)
 大阪抽選は状況により、セット球の使用1回分とカウントする場合としない場合があります。



■各セット球の前回使用と出現予想
前回Set 予想備考 分析 番目
回数
12週前 D  ひねらなければ最有力候補
 スルー0週前回採用位置(1週連続)
分析 22
9週前 B  1番目に次ぐ順当候補 分析 3
8週前 G  良いポジション過ぎ 分析 8
7週前 C ×  まだ使わないで欲しい 分析 1
6週前 I  意表付くならありえる 分析 1
5週前 A 分析 1
4週前 J 大阪 0
3週前 H 分析 2
2週前 F 分析 0
1週前 E 分析 0
※各セット球個別の当選番号・攻略の最新データは[分析]リンクから

前回Set 予想備考 分析 番目
回数
13週前 J  ※参考資料/(仮)1番目
 ○三週ズレの超絶フェイントで、
  大阪カウントしないなら
分析 (仮) 22

スルーは最も長く出ていないセット(1番目)になってから、何週選ばれなかったを表す数値です。
※「番目回数」は何番目から選ばれたかの集計です。各セット球の選択回数とは無関係です。


■現在までの最長スルー 4週    ■1番目からの最長連続選択 4

以下は解説と予想です。
 ↓

第49回ロト7は、セットEが使用球。
長く出ていない順で1番目からの採用。
(その前の回は3番目から選択)

第47回大阪抽選セット球はカウントされたと考えれば、
かなり妥当な使用結果に落ち着きました。
むしろカウントしたことを強調するための使用?

それでは、次回の予想です。


前の周回がEJだったので、
今回はあまりシャッフル問題を気にしないで良さそう。

素直・優しい路線

1番目セットDは可能性がかなり高い。
 1番目になって0週スルー
 参考資料→ロト7セットD分析〈4巡後時点〉

最も長く使われていないセット球で、過去最多使用の1番目
この位置から二週連続使用も、全く問題なし。
5周目筆頭だし、普通に考えると揺るぎない最有力候補。



2番目のセットBはまあまあの候補。
 参考資料→ロト7セットB分析〈4巡後時点〉

選択の妥当性では1番目より低いけど、
リズムを変える目的なら充分想定範囲。

3番目4番目が、先の周回なので、
2番目でも5周目候補としてクローズアップ。


標準・許容範囲路線

5番目のセットIは結構面白い。
 参考資料→ロト7セットI分析〈4巡後時点〉

そろそろ大胆な位置からのシャッフルで、
セット球全体の並びを撹拌するのもいいんじゃない。
そう思ったときに面白いポジションに5周目がいた。

でも、あくまで意表を突く感じなので、
上記2候補より可能性は低いでしょう。


意外・意地悪路線

3番目のセットGは、絶妙な立ち位置。
 参考資料→ロト7セットG分析〈5巡後時点〉

6周目の使用はどうなのかと考えると、
初使用のセットCがもう7週前のことですし、
5周目の残りも半数を切った4セット、
もう2セット目使用に踏み切ってもおかしくない頃合い。

そんなタイミングで、1番目に次ぐ3番目にセットG
条件的に悪くないので使用も視野に入るでしょう。



4番目のセットCはまだ止めて欲しい。
 参考資料→ロト7セットC分析〈6巡後時点〉

さすがに7周目は、まだまだ早いでしょう。
5周目が残り4セット、6周目が残り9セットですから。

位置的には射程圏内だけど、
しばらく、おとなしくしていて欲しい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック