FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年06月13日 (金) | 編集 |
回別第62回
抽選日2014年6月13日
本数字04 10 12 15 27 32 33
ボーナス数字(09) (16)

1等0口 該当無し 
2等6口 1259万0,700円 
3等115口 91万9,600円 
4等5,329口 1万1,600円 
5等8万2,357口 1,800円 
6等13万7,777口 900円 

販売実績額16億6660万2,600円 
=555万5,342口×300円 
キャリーオーバー2億3461万4,670円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット D
抽選順序321527041012331609
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 10
ボーナスから0
回から1個 15
(本数字→ボーナス2個 09 16
(ボーナス→本数字1個 33
ット前回から1個 04 (第51回・セットD
(ボーナス→本数字2個 15 33

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★★★ 超平均ど真ん中!

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

13日の金曜日だからなのか、1等0口該当無しに。
販売実績額は1666602600円と6が並んで縁起悪い。
でも口数に直すと5555342口と5並びに!
そして、6等の当選口数は137777口でラッキー!

そんなこんなで、キャリーオーバー発生!
減るかと思っていた販売実績額は、意外にも増えました。
持ち越し金額も2億3千万円以上をキープして、
次回単独当選で5億円以上のチャンスが窺えます。



今回はこのブログで提唱していた最も出やすいはずの

1組、空き1組、下一桁同1組、
前回り越し1個、ボーナス繰り越し0個、
回繰り越し1個、ット球繰り越し1個!

超平均値ど真ん中!
こんなに綺麗に揃うなんて夢みたいで清々しい!
でも、1等は出なかった。

10台強めが難しかったんでしょうか。



上位数字から当選の04は結構久しぶり。

ロト7最強数字「23」は、最近1回おきに出ていて、
順序的には出番かと思われたけど今回も休み。
かつてのトップ4数字「23 28 29 30」が全て不発。

その他の当選数字は、全て6週前の第56回以降に出現していて、
先週の長期未出現数字大量当選の悪夢から一転して、
理想に近い形の数字の出方となりました。



要素的には、上記のように、
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字1組」

前々回の第60回に出たばかりの平均値が、間隔を空けず再登場。
これぐらいのペースで出てくれるとスゴいことになりそう。

三連続数字パターンが大阪抽選を挟んで崩れてから、
ずっと平均に近い所の流れが来ています。

下一桁同1組は七週連続が途切れて、
内包された下一桁同0三同1のワンクッションあってから復活。



繰り越し関連は、
二週連続イレギュラーの前回り越し0個、ボーナス繰り越し1個から、
正常値の前回り越し1個、ボーナス繰り越し0個に戻って一安心。

プラスして、前回繰り越し1個、同ット前回繰り越し1個と
理論上の平均値パーフェクトが久しぶり達成されました。
しかも、要素平均値連1間1・同1と同時出現の意味は大きい。
地味だけど歴史に残る1回だと思います。

ただ、最近は前回繰り越しが2個で超安定していたので、
そちらを意識していた予想には逆風でした。



今回の使用球は、セットD
2番目に長く使用されていなかったセット球。

またまた、セットHを使用せず。
意図的に無視しているのは、ほぼ間違いない。
一番長く使われていない位置になってから5週スルー。

下手すると10週スルー近くまで行くかもしれない。
でも、次回こそ順当に使うかもしれない。
こういう二択を仕掛けたい運営方針が現在進行形。



球の色は、本数字に「紫」と「赤」が2個ずつ。
ボーナス数字に「水色」が2個。

前回は本数字に「水色」と「赤」が2個ずつだったので、
「赤」が二週連続で、「水色」がスライド。
その「水色」は本数字には出ず。
そして「ベージュ」が完全沈黙。



★その他の情報

「今週こそ、三連続数字じゃなかったのかよ」と思った方。

リハ6205 09 18 20 31 34 36(04)(07)

第62回抽選直前に行なわれたリハーサルは、
前々回の四連続数字、前回の三連続数字からの・・・
続数字0組でした。
三連の流れはすでに去ってしまったのか!?
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック