FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年06月27日 (金) | 編集 |
回別第64回
抽選日2014年6月27日
本数字04 15 16 17 20 29 36
ボーナス数字(19) (26)

1等0口 該当無し 
2等2口 3877万3,400円 
3等71口 152万9,000円 
4等4,186口 1万5,200円 
5等7万2,498口 2,100円 
6等11万0,154口 1,200円 

販売実績額17億1077万5,200円 
=570万2,584口×300円 
キャリーオーバー2億3568万5,240円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット G
抽選順序161736202904151926
球の色


■繰り越し
前回からり越し0個 三繰1個 04
(本数字→ボーナス1個 19
ボーナスから0
回から1個 15 三繰1個 04
ット前回から4個 04 16 20 36 (第53回・セットG

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0三連1間0・同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★☆☆ 最多ット繰り越し

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

1等該当無しでキャリーオーバー発生!
億万長者が誕生しなかったのは残念だけど、
6月はキャリーオーバーが少なかったし、
関心度も上がるはずだから、それで吉としましょう。

繰越金額は約2億3千5百万円。
普段のキャリー無し時より、やや売上げが上がってます。

残念ながら、ワールドカップで日本代表が
グループリーグで敗退してしまったため、
そちらに集中していた関心が戻ってきたんでしょうか?

「むしゃくしゃするから、なんかパーッと良いことないかな」
っていう理由で買う人が増えたと考えられなくもないですね。



三連続数字やり越しがあるので派手に見えますが、
意外にサラッとシンプルな数字構成です。

最も注目すべきなのは、セットGの当選番号推移。

回/セットG・巡目本数字ボーナス
第64回/7巡目04 15 16 17 20 29 3619 26
第53回/6巡目01 04 14 16 20 33 3612 30
第42回/5巡目02 15 16 17 23 31 3308 26

前の巡で使用された第53回の当選数字が、
なんと4個も同ット繰り越し。16三巡繰り越し。
しかも、前々巡の第42回には「15 16 17」と
全く同じ三連続数字が当選している。

これは偶然で片付けるにはあまりにも数字が集中し過ぎ。
残りの29は3巡目に一回だけ当選で可もなく不可もなく。



というわけで、04り越し達成。
前回、前々回、同セット前回からのトリプルで繰り越し。
さすが出現数単独2位で、短期爆発力のある00台偶数。

15は最近調子を取り戻してきて、第60・62・64回と飛び石当選。
中盤のそこそこ16 17は、ここぞとばかりに三連続数字。
10台爆発で三連は珍しいけど、上記のように前例あり。

36は弱くないけど前回当選が8週前とやや久しぶり。
そして、かつてのトップ4の一角29が、13週の長期休眠から当選。
この復活のタイミングを見極めるのは難しかった。

そして、20はこれといった特徴のない弱数字。
こちらもいきなり抜擢するには勇気がいる。



要素的には、
続数字0組、三連続数字1組、空き数字0組、下一桁数字1組」

三連続数字が目立ちますが、その他の部分は案外あっさり。
上述の第42回/セットG5巡目と構成も非常によく似ているんですが、
そちらは空き数字1組なので、今回はさらに薄め。
三連以外はちょっと掴み所が無い感じです。



繰り越し関連は、割と久々のり越し。
候補が2つあったので比較的出やすかった。
り越しとはいえ、前回り越し1個で安定したのも嬉しい。
り越しで、前回繰り越し1個も同様。

ボーナス繰り越し0個は順当。

そして、同ット前回繰り越し4個は超異常。
ここまで来ると逆に予想しづらいんじゃないかと思いますが、
セット球ごとに、出やすい数字が把握できれば強力な武器。



今回の使用球は、セットG
1番目に長く使用されていなかったセット球。

後ろに6巡目のセット球が控えていたのに、
先に7巡目のセットGが使われましたが、
許容範囲内で比較的順当な選択と言えました。



球の色は、なぜか「紫」が二週連続で、
本数字にもボーナスにも出ない完全沈黙。

同じ色が3個当選は、セットGでは結構多い。



★その他の情報

「23」が休みに入ってしまった感がありますが、

リハ6408 10 13 17 23 25 26(24)(28)

第64回抽選直前に行なわれたリハーサルでは、
「23」は出ていましたし、本抽選に来なかった強数字がゴロゴロ。
まあ、一二を争う最弱数字「25」もいますが。

こちらも10台が多いけど、ボーナス含めると20台が強い。
30台無し、連間複合が派手で分かりやすい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック